上越市近郊の日常的ボイスレコーダー

アクセスカウンタ

zoom RSS 9月16日 プジョーは消えた?

<<   作成日時 : 2007/09/16 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

プジョー1007に関する色々な方のブログを拝見した結果、、、外車は買わない方がいいという考えになってきた。いくら衝突回避や衝突安全性能が世界最高レベルでも、走行中にエンジンが停止したり、コンピューターに頼り切ったあげくに発生している各種センサー類の誤報による安全装置の誤作動。このような事は大したことではなく外車乗りには当たり前のことなのかもしれない。だが私も日常、機械をお客様に提供しご利用頂く立場の人間として言わせてもらえば、一番怖いのは、使い手が「また障害や故障が発生するかも知れない」と思いこんでしまうことだ。この心理は不思議なことに間違いなく機械に伝わる。そして扱う機械が人間と一体化して動作する物であればあるほど強くはたらくのだ。「外車だから」とか、「ラテン系がワインを飲みながら造った車だから」とか予めトラブルが発生することを割り切って乗るのは私には受け入れがたく、現にそのように言っている人の多くがその車を早くも手放しているではないか。お金出して買ってるのに、人の物を借りているわけではないのに。よってシビハイの後継から外車は今のところ消えてしまった。ただプジョー207は特別大きなトラブルは聞こえないので残したいのだが、整備費が高いようで、トラブル発生時にメーカーの瑕疵なのか通常の故障なのか区別が付けられず喧嘩になりそうな予感がする。北海道の人が「雪国恒例の冬の塩まき」で3年で錆びて乗り換えなんて声も、、、ありえねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。こちらのブログ、興味深く読ませていただきました。私は現在プジョー1007に乗るものです。その前はルノールーテシアというこれまたフランス製の車に8年間乗っていました。しかし、このルーテシア不思議なことに、一度も故障らしい故障はありませんでした。(消耗品は当然交換しましたが)それは、ボイスレコーダーさんの言うとおり、この車に乗っている際は一度も故障するかも、とういう不安を抱かなかったからかもしれません。現在の1007でも、いまのところ故障していません。私の場合は珍しく、機械との信頼関係がうまくいっているのか、当たりの車とたまたまめぐりあったのかのどちらかですね。ちなみに、知り合いが新品で買った国産車は、わずか半年で故障して高速道路に立ちつくしたそうです。いやはや、国産外国産を問わず、車との信頼関係はむずかしいのすね。
ねこまた
2007/10/09 12:30
ねこまたさん。コメント有り難うございます。あれから、なんやかんやで、結局1007を契約いたしました。ん〜故障のことを考えれば考えるほど逆に親近感が湧いてきてしまって。ねこまたさんの当たりの良い車にあやかって、私も来週納車されてくる1007を信じて可愛がってやろうと思います。
管理人
2007/10/09 16:19
 おー!1007契約したんですね。おめでとうございます!いろいろなブログを覗きますと、確かにいろいろな欠点があげられていますが、ほとんどの方がそれでも1007に魅力を感じていることは間違いないと思います。故障は嫌ですが、新車購入でしたら3年間の保障がありますので安心ですよ。安心して愛情をそそげば必ず応えてくれる愛らしい車だと思います。私は今まで乗った車の中で1007が一番好きです。ちなみに私のはタコマイエローの1.4です。非力ですが、乗り心地が良くほのぼのとした気持ちでいられます。ご契約本当におめでとうございます。
ねこまた
2007/10/09 20:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
9月16日 プジョーは消えた? 上越市近郊の日常的ボイスレコーダー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる