上越市近郊の日常的ボイスレコーダー

アクセスカウンタ

zoom RSS 取締りの甘さの代償

<<   作成日時 : 2009/04/24 07:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
先日、北陸→上信越→関越道→北陸道の一周約450キロのドライブに1007のオイル交換のついでに行ってきた。普段から感じていたのだが、今の新潟県内は制限速度で安全に走るモラルが消え去っている。制限速度を守ることがイコール安全なのか?という事に対しては、様々な意見があるようだか、法令をきちんと守る人の走行があまりにも妨げられており目に余るからだ。今回の三県を跨ぐ走行でわかった事だが、長野県内と群馬県内は追い越し車線の流れが105〜110キロであるが、新潟県内に戻るとプラス10キロとなり、最悪なのは北陸道で、130〜150キロとなっていた。道中、各県警の覆面パトカーが頑張っていたし、特にこの春の交通安全週間で全国ワースト1位に輝いた本県の高速隊は気合いが入っていたように見えた。しかし、覆面で違反車両を捕まえるには限界がある。誘導されていく違反車両を尻目にバンバン飛ばしていく。新潟県内は一般道を含めて、違反の取り方が他県より甘い。この温情主義がドライバーのモラル崩壊とともに仇となっている。速度だけではない。信号無視の取り方や一時不停止も他県からすればユルユルだ。新潟県警には厳格な取締りとモラルがある安全な走行が出来る日を一日も早く取り戻して欲しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
取締りの甘さの代償 上越市近郊の日常的ボイスレコーダー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる