上越市近郊の日常的ボイスレコーダー

アクセスカウンタ

zoom RSS 人を殺したるものは死刑

<<   作成日時 : 2013/02/28 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人殺しが増えている。

人ひとり殺したくらいでは死刑にならないとたかをくくっているからではないか。

殺人についての刑法は

人を殺したるものは死刑と書かれている。

だから人殺しは皆死刑でなければならない。

これをいつの日かおかしな情状酌量が加わり、人を一人くらい殺しても死刑にならない常識を作ってしまった。

殺した方の情状は聞き入れられるのに、殺された方の言い訳は閉ざされている。

殺した方の情状なんてどうだっていい話ではないのか?

現在の検察側の求刑をみても殺した方の再犯の可能性を考慮しているとしか思えない。

結局、殺した方の話を聞き入れて、殺された方の話なんかどうだっていい、これが今の日本の法律家の有様だ。

ポンコツ野郎。



【送料無料】 非実体主義殺人事件 論創海外ミステリ / ジューリアン・シモンズ 【単行本】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル文芸フォーマット単行本出版社論創社発売日2009年05月ISBN978484600


楽天市場 by 【送料無料】 非実体主義殺人事件 論創海外ミステリ / ジューリアン・シモンズ 【単行本】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人を殺したるものは死刑 上越市近郊の日常的ボイスレコーダー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる