上越市近郊の日常的ボイスレコーダー

アクセスカウンタ

zoom RSS また大腸ポリープの内視鏡

<<   作成日時 : 2015/11/20 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


昨年摘出後の1年点検。

取り漏れが無いか確認させてほしいということで。

実際は再発する人が30%ほどいるかららしいのですが。


写真の腸管洗浄剤は飲む量が半分の1リットルに変更になり、味も飲みやすくなっていた。

今回の事前診察の時に先生に飲みやすくなったか聞いてみたんだけど、あまり変わってないよと言われていた。

内視鏡を準備しているときに先生が「味、どうだった」と聞いてきた。

先生自身は塩味が濃くなった気がすると言っていた。

飲み始めはあまりお腹に効いてこなかったのだが、飲み終わるころから一気に始まり、追加の水を飲むときはヨレヨレ状態。

腹の中身はすっかり綺麗になった。


受付を済ませ、穴の空いた紙パンツに着替えて早速GO!

まず、痛くない注射を腕に打たれる。

内視鏡の映像を映し出すモニターを見ながら早速開始。

腸にエアーを送り込みながら突っ込んでいくんだけど、腸が膨らむときが痛い!

今回は前回よりも痛かった。そして先生のスピードも前回より5倍くらい早かった。

「もうちょっと、ここを抜ければ楽になるから。。。。」と前回同様に言われ、耐える、ひたすら耐える。うっ、うっ、、、、。

この何とも言えない痛みは、普段感じない痛みだから頭がどうこらえていいものかパニックになる。

さるぐつわとか、つかまるものが欲しい。

膵胆管造影の経験者ならわかるかもしれない。

痛みに耐えるため、何かべつの事を考えて気をそらす。

今回はテロリストに拳銃で撃たれたシーンを想像した。なぜか松田優作が頭をよぎる。


内視鏡が入り切ってしまえば不思議と痛みはない。

入り終わるまでものの1分くらいですが。


モニターを見て先生と会話しながら「ポリープがありませんように」必死で祈るが、、、。

げっ、輪っかをかけられないような小さな突起といってもニキビみたいなのが二つ。

小さなハサミでつままれて生検へ。色は周りとかわらないから多分良性。まぁ悪性じゃ困るけど。


腸管の中は洗濯機のホースみたいになっていて、色はピンク。炎症していると赤くなっている。

もちろん癌があれば黒や黄色になっていると思うけど。

そんな管の中が粘膜で覆われている。

いくらお腹の中からウンチが出ない状態になっても、腸管には小さなへこみがあるのでそこからウンチが多少は出てきます。

なぜか、「あっ、やべぇ」という気持ちになってしまう。


グニグニ内視鏡で見ながらエンド。今日は気持ち的には5分〜10分くらいかなぁ。

あれ?もう終わりって感じでした。

ポリープがあると輪っかをポリープにひっかけて電気で焼き切るから時間がかかりますが、今回は無かったので早かった。

お値段は前回の半分。1万ちょっとです。これで安心が買えるなら安いもの。

モニターを見ていて思った。誰しも40過ぎれば絶対にポリープは有る。

おかしな健康診断やるよりはじめっから内視鏡突っ込んだ方が確実。


2週間後に生検の結果と今後の方針を決めるのに訪問予定です。


大腸がんやポリープの予防について調べてみたが、どうもカルシウムがいいらしい。

特に手軽にとるには牛乳。

でも、カルシウムを多くとると男性は前立腺がんになる確率があがるから、人間の身体って微妙だなぁと思った。


関係ないけど、頭のてっぺんから薄くなってくる人は、てっぺんに毒素が溜まるかららしい。

頭も大腸も、結局は肉、特に高級な脂ののった肉を食うのが原因。村上牛のA5なんて厳禁。

私の場合は加工肉とチーズが好きなので原因はこれですね。

酒も悪いと、、、、、、良く見えないし聞こえない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
また大腸ポリープの内視鏡 上越市近郊の日常的ボイスレコーダー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる