上越市近郊の日常的ボイスレコーダー

アクセスカウンタ

zoom RSS WINDOWSはCO2製造プログラムとしか言えないのか

<<   作成日時 : 2016/10/06 17:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タブレットやスマホが普及して誰かしらはAndroidやiOSに触れている。

モバイルのWindows系は壊滅。ノートPCだって今や会社のデスクトップでしかない。
軽ければめちゃくちゃ高いし、アプリは殆どが有料。私の中で費用対効果は得られない。

WINタブレットだってぶっ壊したくなるほどイラつく。

WINDOWSは主に会社などのPCで利用するのが一般的だが、普及しているから使っているだけで、OSなんてアプリが対応してさえいればどうでも良くなっている。

他のOSはアプリが頻繁にバージョンアップし脆弱性やバグ修正、操作性などを向上させるのでストレスなくバックグラウンドで処理されるが、WINDOWSときたら、操作は遅くなるは、アップデート中にPCは使えないはで、あっちょんぷりけだ。おまけに再起動付き。
回避方法はあるが、普通の人が普通に使っている以上は、この状態であろう。
利用を止める、利用を妨害する。これは生産性を阻害しているのと同じではないか。
そもそもユーザーが気を使うこと自体おかしいのだ。

なんでこんなに重い仕組みになってしまったのだろう。

ビジネスで使うアプリこそ単純でなければならないはずなのに、MSのアプリはバージョンが上がるたびに変な機能がどんどんついて、どんどん使いにくくなっている。だから私はGoogleCromeを使い、ブラウザ上でスプレッドシートなどのアプリを使っている。ブラウザさえあればアプリのインストールはいらない。

もはやエクセルなんかはコンバーターかビューアでしかない。

先程も更新プログラムの提供があった。業務が20分近く止められた。
1台20分として更新プログラムの為に受ける損失、そして排出される二酸化炭素を考えたことがあるのだろうか?

いったいマイクロソフトは何を目指し、何を作っているのだろう。

CO2製造プログラムを造っているのか?

もっともっと他が驚くようなOSを作ってくれないと、仕事を邪魔されてまでWindowsを利用し続ける理由は無くなっている。昔の様にWindowsのバージョンアップでドキドキさせてほしい。

顔認証だって普及型PC内蔵カメラでは全く使えないものを作った。
付箋機能だって、先に出ているフリーアプリより使えないものを付けるとはどういう社内検討をしたのだろう?
何の情報も入らない獄中で開発しているのだろうか?
コルタナだって、起動時に「・・・・と話しかけてみてください」と毎回表示されるが、会社で朝からPCに話しかけるなんて事するか?頭がいかれたと思わるぞ。

もうだいぶ時間がたったFSXなんて素晴らしいアプリが作れるのに、なんでこの程度のレベルのものがしっかり作れないのだろうか?


未だに高飛車感が拭えない。特に営業。なに人かわからない変な横文字言葉や商品名をぐだぐたとゴタクを並べる姿は未だに何も変わっていない。会社がグローバルだと言葉も×××もおかしくなるのか?
マイクロソフトは私の中では世界一残念な会社になってしまったようだ。

WINDOWSがまずやらなければならないのは、バージョンアップではなく、正確な母国語を話し顧客に伝える事の出来る営業の育成と、末端利用者の声を製品開発に真摯に役立てる事だと思う。

そろそろWINDOWSタブレット捨てようかな。

もしも世界からWINDOWSが消えたなら、、、なんて本が出てきそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
WINDOWSはCO2製造プログラムとしか言えないのか 上越市近郊の日常的ボイスレコーダー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる