上越市近郊の日常的ボイスレコーダー

アクセスカウンタ

zoom RSS バターフィールド新潟駅店に行ってみた

<<   作成日時 : 2015/11/23 18:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前から気になっていた。

ランチ時間は通路に出て呼び込みもやってるし。

何度か店の前まで足を運んだこともあったが、値段が高くやめていた。

そして今日、初めて入ったわけ。

イタリア料理なのか?パスタの専門店なのか?

地産地消の店なのは理解出来たが、店先には緑提灯が無いぞ(笑)

ボージョレーヌーボーの小さなメニューがテーブルに置かれていた。

なぜフランスワインなのか?地産地消をうたうならせめてイタリアワインでは?

ゼリアだってイタリアワインだよ。本物なのかは別として

メニューを見たらしっかりと岩の原があった。合格。

ゴボウと人参のパスタをオーダーした。

セットメニューにしたのでコーヒーの後にサラダが出てきた。

地場もの野菜は虫が多いので洗うのに気を使っただろう。

サラダを持ってきた女性が何か説明しているのだが、こわもての私に緊張しているのか、さっぱり何を言っているのかわからない。

隣でオーダーをとっている男性も滑舌が悪く何を言っているのかわからなかった。

まぁ、東京のコンビニに行けば外国人店員が得意気に通じない日本語を話すからこの点は見なかった事にしよう。

でも彼ら、学生なのか?と思えてしまうのは私だけなのか?

サラダは葉っぱでしかないから鮮度が良ければどこも大差はない。

でもドレッシングは違う。

一口食べて感じたのは、やさしい味だということ。

スマホで店のコンセプトを調べる。

地産地消をうたっているから、やはり健康重視か?

今一つはっきりしないな。

肝心のパスタだが、減塩で素晴らしい。だだし、評価は市内に限ってだが。

以前ドンキホーテの上にあるパスタ店でオーダーしたら、塩辛すぎて残した。

店員が残してる私に理由を尋ねてきた。

「塩辛すぎて全部食べられない。」これが答えだった。

シェフに伝えておくと言っていたが、新潟市のシェフは仕方がないのだ。

下越地方は兎に角、出汁より塩分。

塩分イコールウマミなのだ。

最近、新潟ラーメンなんていう言葉が使われているが、山形ラーメンと一緒にするなと怒りたい。

スープがしょっぱい、チャーシューもしょっぱい、麺までしょっぱいのが新潟ラーメンだ。他県民に馬鹿にされている用語とも知らずに。

この点は負けず譲らずにバターフィールドには頑張ってほしいと思いながら店を後にした。

支払いのときに食べた感想は必ず聞いてくださいね。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バターフィールド新潟駅店に行ってみた 上越市近郊の日常的ボイスレコーダー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる